ロング・ショートファンド運用日記
今月のパフォーマンス(2月)
年初来で、

-7.6%

となりました。前月比では-4.5%です。2ヶ月連続のマイナスは専業開始来初です。別口座で管理していたエルピーダCBをトレーディング口座で一括処理することにしたため、月間の下落幅、下落率とも過去最悪を更新しました。

何の役にも立ちませんが、エルピーダがなければという計算をすると、年初来でほぼトントンとなりました。

今回の教訓として「君子危うきに近寄らず」を引きだすのは簡単ですが、いまのところ、同レベルの怪しさ(?)の案件があれば、またチャレンジすると思います。

というのも過去、例えば2009年のREIT集中投資のように成功裏に終わったものがあるからです。あのときのREITに比べれば、エルピーダCBは元本保証も同じ感覚でした。

直前のCB価格(80円前後)から、このタイミングでのエルピーダ破綻がほとんど織り込まれていなかったのは明らかです。今回、後だしでやっぱりなという論調が大勢だと思いますが、少し薄っぺらい気がします。

2009年の投資額は絶対金額として少なかったので、利益も多くはありませんでした。今回はその反省から、投資可能上限までいってヤラレてしまいました。上限の設定が甘すぎたのは先日書いたとおりで、これは弁解の余地がないところです。

むなしい作業になりますが、足元だけをみて(これは重要なポイント)コツコツとプラ転を目指したいと思います。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://stayhungry5810.blog13.fc2.com/tb.php/562-eb8d88bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック