FC2ブログ
ロング・ショートファンド運用日記
今月のパフォーマンス(11月)
前年末比で、

+33.0%(含み損益込み、配当込み、税引き後)

となりました。前月比では+2.7%です。場中はいろいろあったはずですが、締めてみれば店頭の案件で複数回被弾した以外は概ね平和な月でした。

12月はソフトバンクと日経入替、年末特有の需給でしょうか。

ソフトバンクについては著名なトレーダーの方々が軒並みパスする中、そこそこ押し込まれています。初値が公開価格を大きく下回ることはないとお祈りしていますが、万が一のことがあればダメージ大きいです。
今月のパフォーマンス(2018年10月)
年末比で、

+29.6%(含み損益込み、配当込み、税引き後)

となりました。前月比では+6.8%です。先月までの反動でプラスになっていますが、内容は良くないです。

マーケットについてはずっと弱気で見ていたのに、先月までの上昇ですっかり怖気づいてしまい、ショートを早々に手仕舞いしただけでなく、いつの間にか買い方になって苦しむという、我ながら情けない展開でした。

と反省したのも束の間、いま現在、通信を買って泣きそうになっていますw 織り込んでなかったんですね~、コレ。

全体については引き続き慎重に見ようと思っています。ここまでくると、ソフトバンクのIPOは参加でいいんじゃないでしょうか?
今月のパフォーマンス(2018年9月)
年末比で、

+21.3%(含み損益込み、配当込み、税引き後)

となりました。前月比では▲3.9%です。上旬まではまったりとした感じだったんですが、中旬以降の上昇を売り向かってしまった格好で、金額ベースでは過去2番目のマイナス幅となりました。損失の半分を最終日だけで喰らってしまい、がっかりです。良かったのは日経入替のプレポジと新興不動産のリバ取り、悪かったのはもちろんデリバティブ部門です。

まだショートポジが残っており、相場次第ではさらに損失が拡大する可能性はありますが、一方で、去年と同じ相場が並ぶかな~?という疑問(これが今月の敗因なわけですが)もあるので、もう少し様子を見るというのがいまのところの考え方です。
今月のパフォーマンス(8月)
年末比で、

+26.2%(含み損益込み、配当込み、税引き後)

となりました。前月比では▲1.0%です。懸念していたPOは無風だったものの、現物株全体では取ったり取られたりで、デリバティブ部門のマイナスがそのまま残ってしまいました。

引き続きショート気味のポジションとなっており、去年のように反発されると苦しくなりそうです。
今月のパフォーマンス(7月)
前年末比で、

+27.5%(含み損益込み、配当込み、税引き後)

となりました。前月比では+1.0%です。小幅なLCの頻発やお付き合いPOが足を引っ張りましたが、シェル-出光の貢献分だけ浮いた格好です。先物オプションは微益。下落を見込んでいたので途中苦戦しました。

8月は今年ワーストPO候補のビジョナリーを押し込まれていることもあり、月初から暗いですw 相場全体はそろそろ下落して欲しいところですが、日経入替はどこかでポジろうかと思います。